気象庁が火山活動を常時監視している十勝岳の防災シェルターが19日、美瑛町の登山口の望岳台に開設された。火口から約3キロにあり、噴火時は最大100人を収容できるほか、普段は火山情報の提供や啓発の拠点として活用される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます