民進党の野田佳彦幹事長は31日の記者会見で、政治資金パーティーの参加費の金額が記載されていない領収書を受け取っていたと明らかにした。2012年から14年までの計7万円分(3件)で、野田氏の代理で参加した事務所スタッフが領収書を受け取り、あとから金額を書いたという。野田氏は「厳重注意した。社会通念上、問題があったことを反省し、二度とないように努める」と釈明した。民進は10月12日付で、金額などを記載した領収書を発行、受領するよう党内に通知している。

無断転載・複製を禁じます