法務省は8日、無期懲役刑が確定して服役中の受刑者のうち、昨年中に仮釈放されたのは9人だったことを明らかにした。無期懲役の場合、刑の開始から10年が過ぎれば仮釈放できると刑法は定めているが、10年続けて1桁となった。9人の服役から釈放までの平均期間は31年6カ月で、事実上の「終身刑化」が進む。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます