サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会のアジア最終予選が15日、各地であり、B組の日本(世界ランキング51位)はサウジアラビア(同54位)を2―1で破り、通算成績を3勝1敗1分けとした。勝ち点10で2位に浮上して、予選の前半戦を終えた。サウジアラビアも勝ち点10。得失点差で首位を保った。オーストラリアは敵地でタイと引き分け、2位から3位へ順位を落とした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます