仕事や日常生活において、怒ることの判断基準は曖昧なものです。日常よく遭遇する出来事でも、その時々で反応や対応が異なり、ある時は怒って、別の時には受け流すことがあるものです。ささいなことに怒って、無駄にエネルギーを消耗するようなこともあるのではないでしょうか。アンガーマネジメントは、不要な怒りに振り回されず、怒る必要があるときに上手に怒ることを目指します。そのためには、怒るか怒らないかの判断基準を明確にしておくことが肝要です。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます