●大谷ノブ彦・平野啓一郎著『生きる理由を探してる人へ』 青年期に生きづらさを抱えていたという芸人と作家の対談。「対人関係ごとに違う顔すべてが本当の自分」という平野の「分人主義」の考え方を切り口に、「個性」へのこだわりや「同調圧力」、「未来は過去を変えられる」ことなどを語り合う。大谷はこの対談で「本…

無断転載・複製を禁じます