イタリアで4日、上院の権限を大幅縮小する憲法改正案への賛否を問う国民投票があった。レンツィ首相は結果が「反対」ならば辞任する意向で、欧州の共通通貨ユーロからの離脱も主張する「五つ星運動」などポピュリズム(大衆迎合)的な野党を勢いづかせる可能性が高い。大勢は5日未明(日本時間5日朝)にも判明する見通しだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます