シェークスピアの男女の恋愛劇の傑作を、少女たちの「恋」に置き換え、衝撃的な5日間を描き出す舞台「ロミオとジュリエット」が10~21日、東京・池袋の東京芸術劇場で上演される。演劇団体「マームとジプシー」主宰の藤田貴大(たかひろ)が新しい解釈で上演台本と演出を担う。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます