京都駅前のランドマークになっている「京都タワー」の商業施設が、来春新しくなる。運営する京阪ホールディングスが15日、京都タワービルの地下1階から地上2階を改装して飲食店や土産物店などを入れると発表した。3フロア、約3千平方メートルに55店舗ほどが入る。訪日外国人客を呼び込もうと、日本文化の体験施設などもつくる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます