園内で鳥インフルエンザが発生した東山動植物園(名古屋市千種区)で21日、感染したシジュウカラガンやマガモなどが飼育されていた古代池(水量約130立方メートル)とコクチョウがいた胡蝶(こちょう)池(同約2千立方メートル)の消毒と水抜き作業が始まった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます