がんとの共生社会をテーマに、朝日新聞社が主催するシンポジウムが来年1月15日に開かれる。がんになっても働き続けられるよう企業に配慮を求める「がん対策基本法」改正案が今月に成立したが、治療と就労の両立には課題が多い。パネリストを務めるタレントの麻木久仁子さんらに聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます