世界最高峰エベレスト(8848メートル)に女性で初めて登頂した登山家の田部井淳子さんの「お別れの会」が12月18日、母校の昭和女子大(東京都世田谷区)で開かれました。田部井さんと親しかった山岳関係者や女優の市毛良枝さんら約600人が参列し、故人を偲びました。田部井さんは10月20日、腹膜がんのため77歳で亡くなりました。「余命3カ月」と宣告された後、つらい抗がん剤治療などを受け、その後4年半も人生を生き抜かれました。関係者を取材し、がんとうまく付き合いながら人生を全うした姿に多くのことを学びました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます