フィギュアスケートの全日本選手権は24日、大阪・東和薬品RACTABドームで男子フリーがあり、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(中京大)が合計280・41点で逆転し、初優勝を決めた。田中刑事(倉敷芸術科学大)が総合249・38点で2位。SP首位の無良崇人(洋菓子のヒロタ)は、ジャンプのミスが相次ぎ、総合242・11点で3位。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます