将棋の三浦弘行九段(42)が対局中に将棋ソフトを使った不正行為をしたと指摘された問題で、日本将棋連盟が設置した第三者調査委員会(委員長・但木敬一弁護士)は26日、記者会見し、「不正行為に及んでいたと認めるに足りる証拠はないと判断した」と発表した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます