今年は国産初のアニメが劇場公開されて100年。音がつき、カラーになり、何度目かの3D(立体視)ブームが来て……と、アニメも実写映画同様に技術革新の波を浴び、それを興行の売り物にしてきたわけですが、ただいま売り出し中なのは「4D」。映像に合わせて座席が揺れたり風や霧が出たり匂いがしたりする体感型の上映です。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます