バレーボールの全日本高校選手権最終日は8日、東京体育館で男女の決勝があり、選手権史上初の東京勢同士の対決となった男子は、駿台学園が6年ぶりの頂点を狙った東亜学園を逆転の末に、3―1で破って初優勝し、昨夏の全国高校総体との2冠を果たした。駿台学園は東京都選抜の主力を占めた昨秋の国体も制している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます