外務省の定期的な外交文書公開が12日に始まった。敗戦による外交権停止で外交官が世界各地から引き揚げる際の名簿に、ナチスからユダヤ人を救うためリトアニア領事代理として「命のビザ」を発給した杉原千畝(ちうね)さん(1900~86)と家族の名があった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます