福岡県大川市の市立川口小学校で13日午前9時40分ごろ、運動場で体育の授業中だった4年生の梅崎晴翔(はると)君(10)=同市一木=が、倒れたハンドボール用のゴール(高さ約2メートル、幅約3メートル)の下敷きになった。県警筑後署によると、梅崎君はドクターヘリで同県久留米市の病院に運ばれたが、午後1時55分ごろ死亡が確認された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます