「振り袖やスーツを着て行くのが苦痛だ」「カミングアウトしていないので、自分の将来を語れない」――。そんな思いを抱く性的少数者(LGBT)らのための「成人式」が15日、東京都内で開かれた。様々な「性」を自認する約180人が集い、「ありのままの自分」を祝福しあった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます