昨年2月6日に台湾南部で起きた地震から1年になるのを前に、被害の大きかった台南市の頼清徳市長が訪日し、16日に日本記者クラブ(東京都千代田区)で記者会見した。日本から受けた支援について、「まさかの(時の)友は真の友」と感謝し、相互交流の大切さを訴えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます