「横綱の名に恥じぬよう、精進いたします」。25日、稀勢の里(30)=本名・萩原寛(ゆたか)=は、横綱昇進を伝える日本相撲協会からの使者に堂々と口上を述べた。初土俵から15年、72代横綱への昇進が正式に決まった。地元では、幼い頃から稀勢の里を知る人たちの喜びもひとしおだ。幼少期を過ごした龍ケ崎の市役所には「祝 横綱昇進 稀勢の里」の横断幕が掲げられ、職員や市民が祝った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます