SNSで「いいね!」の数を稼ぐために、実際には行っていない場所に行ったことにするなど、事実を誇張したことがある人は12%いる――。ロシアのセキュリティー企業「カスペルスキー研究所」の調査で、SNS利用のこんな実態が明らかになった。誇張した経験は男性が14%で女性の9%に比べて多いなど、男性の方が「いいね!」の数を気にする傾向があることもわかった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます