浪速のシンボル通天閣(大阪市浪速区)のネオン広告の改修工事が終わり、27日夜、試験点灯があった。13回目の改修でライトアップが6色から12色に増え、桃をイメージしたピンクや紅葉のオレンジなど月ごとに色を変え1年を表現できるようになった。また、約60年間アナログ式だった大時計もLEDビジョンにリニューアル。歴代の盤面デザインや季節に応じた動画が映し出される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます