花粉症やぜんそくなどのアレルギーは夜中や明け方に症状が重くなることが多いといわれる。山梨大医学部の中尾篤人教授(免疫学)のチームは、体の細胞の活動が1日周期で変化する「体内時計」とアレルギーの関係を調べている。夜間にアレルギーが悪化する仕組みを解明し、新しい治療法につなげることを目指している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます