日本サッカー協会長や国際オリンピック委員会(IOC)委員などを務め、スポーツ界の発展に尽力した岡野俊一郎(おかの・しゅんいちろう)さんが2日、肺がんのため、東京都内の病院で死去した。85歳だった。葬儀は近親者のみで行う。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます