飄々(ひょうひょう)としかし強烈な熱意で数々の名作を世に出してきたスタジオジブリ・プロデューサーの鈴木敏夫さん=写真、白鳥真太郎撮影。対談相手は、永六輔さんの『大往生』など型にはまらない著作を形にしてきた元岩波書店編集者の井上一夫さん。映画と書物。作品はどこから、どう生まれるのか。もの作りの楽しさを縦横に語り合います。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます