重度の知的障害のある少年(当時15)が2015年に福祉施設を出た後に行方不明になり、死亡した事故で、少年の両親が14日、福祉施設を運営する社会福祉法人に約8800万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。亡くなったのは、特別支援学校中学部3年だった松沢和真さん。これまで知的障害者が将来得られたはず…

無断転載・複製を禁じます