ヒットを続けるアニメ映画「この世界の片隅に」の序盤で印象的な「波のうさぎ」のシーンを想起させる鏝(こて)絵が、舞台となった広島市中区の江波地区に現存する民家に残されている。その鏝絵などを紹介したパネル展が、江波地区の広島平和記念資料館の付属施設「シュモーハウス」(江波二本松1丁目)で開かれている。3月31日まで。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます