東芝が、半導体事業の一部売却を4月以降に先送りする方針を固め、債務超過を3月末時点で解消できない恐れが出てきた。売却を急いで安く買いたたかれるのを避けるためで、取引金融機関からは3月末の債務超過を容認する意見も出るが、東証2部への降格など代償も大きい。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます