絶滅の恐れがあるゲンゴロウの一種「シャープゲンゴロウモドキ」の標本を販売したとして、警視庁は、静岡県焼津市の自称標本商、山本直樹容疑者(56)を種の保存法違反(譲渡)容疑で逮捕し、22日発表した。容疑を認めている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます