1987年5月3日、憲法記念日の夜だった。朝日新聞阪神支局(兵庫県西宮市)で記者2人が殺傷された。その後、標的は名古屋本社の社員寮などにも広がり、多くの市民が「言論の自由」を暴力で封殺しようとした事件と受け止めた。襲撃事件からまもなく30年。当時を知る人たちの証言をもとに事件を再現する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます