町長以下40人の職員が亡くなった岩手県大槌町の旧役場庁舎前。2月下旬のある日、「語り部ガイド」の赤崎幾哉さん(75)が数十人の団体を前に熱心に話していた。「地震直後、町の幹部はすぐに高台に逃げなかった。それで津波にのまれてしまった」と緊急避難の大切さを訴えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます