薬物の使用を疑われた男が突然、走り出す。後を追った巡査長は足をかけて倒し、覆いかぶさった――。「捜索差押令状」が示されない段階でのこうした行為の違法性が争われた公判の判決が24日、大阪地裁である。大阪で職務質問への「妨害」行為が相次ぐ中、司法判断が注目される。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます