重要な社会課題である働き方改革が正念場を迎えている。昨年9月27日、政府は総理を議長とする働き方改革実現会議を設置し、長時間労働の是正など多様な課題について議論を開始した。会議発足の翌日、朝日新聞は社説で、問われるのは「実効性」だとして残業時間の上限規制など法改正の検討を求めた。以後、積極的に働き…

無断転載・複製を禁じます