ギター片手に盛り場を歩き、客のリクエストに応えて伴奏を務める「流し」。時代の移り変わりとともに姿を消した「昭和の夜の風物詩」が、藤沢駅前の商店会の盛り上げイベントで復活した。10日に続き、31日夜もお目見えする。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます