関西空港と大阪(伊丹)空港を運営する関西エアポートの山谷佳之社長とエマヌエル・ムノント副社長が23日までに朝日新聞のインタビューに応じ、近く関空第1ターミナル(T1)の大規模改修に着手する考えを示した。保安検査の時間を大幅に短くできる最新機器「スマートセキュリティー」をT1に導入する試験も、近く始める方針だ。インタビューの詳細は以下の通り(敬称略)。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます