韓国の李俊揆(イジュンギュ)・駐日大使が、朝日新聞のインタビューに応じ、5月に誕生する次期韓国大統領に日韓合意の順守を求めた。慰安婦問題が「最終的かつ不可逆的に解決される」ことを確認した日韓合意の履行を求める日本政府の立場に、一定の理解を示した格好だ。背景には、韓国の新政権が合意の「再交渉」を訴えれば、日韓関係の悪化に歯止めがかからなくなるとの危機感がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます