囲碁AI(人工知能)が日本の若手筆頭格の一力遼七段(19)と対戦する「第5回電聖戦」が26日、東京都内であり、2局ともAIが完勝した。昨年の公式戦で最多勝を挙げたトップ棋士の一力の相手は、各国のAI同士が競う大会で優勝した中国の「絶芸」と、準優勝の日本最強AI「DeepZenGo」。Zenは、大阪で23日にあった世界戦で井山裕太六冠(27)を破っており、改めて底力を見せつけた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます