和歌山市園部(そのべ)で1998年7月、夏祭りのカレーに猛毒のヒ素(亜ヒ酸)が混入され、4人が死亡、63人が中毒になった事件で、和歌山地裁(浅見健次郎裁判長)は29日、林真須美(ますみ)死刑囚(55)の再審請求を退ける決定を出した。弁護団は決定を不服として、大阪高裁に即時抗告する方針。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます