自民党の「弾道ミサイル防衛に関する検討チーム」は29日、北朝鮮のミサイル施設を攻撃するための「敵基地反撃能力」を政府は持つべきだという提言を発表した。チーム座長の小野寺五典・元防衛相は記者団に次のように語った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます