タイのワチラロンコン国王は6日、首都バンコクで新憲法案に署名し、新憲法が即日公布・施行された。2014年のクーデターで破棄された旧憲法に代わる新憲法案は当初から民主主義に逆行する内容を含んでいたが、国王側の要請で国王権限を強める修正もなされた。民主的な統治からさらに遠のく懸念が出ている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます