身近になってきた拡張現実(AR)や仮想現実(VR)を防災に生かす取り組みが広がっている。見慣れた風景が一変することで、単調になりがちな防災訓練を打開したり、東日本大震災の被害を語り継いだりするのに効果を上げている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます