ブラジルの最高裁は14日までに、テメル政権の閣僚や上下院議員ら計98人について大規模な汚職事件に関わった疑いがあるとして、検察が求めていた捜査開始を認める判断を示した。連立与党党首や上下院議長ら有力政治家が多数含まれている。前大統領の弾劾(だんがい)などで続いてきた政治の混乱に拍車が掛かりそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます