マンガ文化に大きな足跡を残した手塚治虫の業績を記念する手塚治虫文化賞(朝日新聞社主催)の第21回受賞作が決まった。マンガ大賞は、くらもちふさこさんの「花に染(そ)む」。新生賞は「昭和元禄落語心中」の雲田はるこさん、短編賞は深谷かほるさんの「夜廻(よまわ)り猫」、特別賞は「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の秋本治さんが選ばれた。贈呈式は5月31日、東京・築地の浜離宮朝日小ホールで。マンガ大賞にはブロンズ像と副賞200万円、新生賞、短編賞、特別賞にはそれぞれブロンズ像と副賞100万円を贈る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます