韓国大統領選の安哲秀(アンチョルス)・国民の党候補が19日、朝日新聞の書面インタビューに回答した。日韓関係で歴史認識と安全保障を切り離して対応する考えを示し、米軍の「高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD)」の韓国配備に賛成した。他候補に候補一本化を働きかけない考えも示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます