いじめを訴えていた仙台市の市立中学2年の男子生徒(13)が自殺した問題で、大越裕光・同市教育長は1日、記者団に対し「(男子生徒に対して)過去にいじめがあったのは事実」と述べた。また、校長も同日夜の保護者会後の記者会見で「いじめと言うべきだったと反省している」とした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます