私が精神科医局に入ったのは1991年(平成3)年でした。35歳になってやっと大学病院の医局に入りました。年を取ったのにはわけがあります。その前に歯科医師になっていたからです。前にも書いたように私の家は父が歯科医師、母が内科・眼科医として地域医療を続けていましたので、(親に勧められた記憶はありませんが)自分の行く先として18歳の私は歯科医になろうと思いました。そして、当時としてはちょっと「凝(こ)ったこと」を考えていました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます