台湾南部、台南市の烏山頭(うさんとう)ダムに設置されている、日本の植民地時代の土木技師・八田与一(1886~1942)の銅像の頭部が切断された事件で、銅像の修復が完了し、7日、現地で除幕式が行われた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます