天皇陛下の退位に向けた特例法案をめぐり、10日の衆参両院正副議長と各党・会派代表者の全体会議では、政府が示した法案要綱に理解を示す意見が相次いだ。一方、女性宮家についての議論を求める声も上がった。法案に関連して意見などを表明する付帯決議が、今後の焦点となりそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます