防衛省によると、函館空港(北海道函館市)周辺で15日に行方が分からなくなった陸上自衛隊北部方面航空隊所属のLR2連絡偵察機の機体の一部とみられる破片が16日午前、北海道北斗市の山中でみつかった。乗員とみられる4人も発見された。容体は不明という。同日朝から自衛隊や警察、消防などが山林を中心に上空と地上から捜索を続けていた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます